山田2号的音楽日記

『THE SLUT BANKS』『ZIGZO』『D’ERLANGER』の事ばかりですわ。

2020/11/14(土) 浜松MESCALIN DRIVE《ROCK'N ROLL TO THE MAX 2020》『THE SLUT BANKS』

 

いや~、危うく今年は
『スラット』1回も見る事なく
終わる所だった。
元々は6月だったから、
まぁ、長かったわ・・・。

さて、浜松到着。まずは喫煙所探し。
駅北口を出て地下に降りた所で発見。
すばらしい。東京なんかだと
タバコ吸う所が中々なくて
一苦労なんだけど、これは助かる。
2~3本吸い溜めして現地に向かう。
1分で到着。近っ!!
何人か並んでます。

f:id:yamada2gou:20201122104319p:plain

 

なんかね、オレが想像してたのは
みんな骨Tか骨パーカーでマスク姿
だろうから、もっとカルトっぽい感じか、
悪の組織(ショッカーとかw)感が
出てるのかな~なんて思ってたんだけど
いつも通りのオシャレな男子女子スラット軍団でした。

検温して(ちょい緊張した)入場。
近っ!!ステージめっちゃ近っ!!
スラットメンバーをこの至近距離で
見れるなんて贅沢すぎるだろ。
そしてドリンクチケットがピック。
このセンスの良さ。(写真取り忘れた・・・)
このメスカリンドライブって
初めて来たんだけど、いい所だな。

18:30ちょっと過ぎにカツミさんとシンヤさん
出てきてベースとギターのチェック。
おぉ、ベースの音が腹に響く。これだよこれ。
SEが流れてきた。無敵バンドのやつだ!!
Sex Pistols』の“God Save The Queen”ね。

そしてメンバー登場。
お客さん、皆それぞれ手を挙げたり
拍手したりしてたけど、歓声はなし。
オレも声出しガマン。

そして1曲目始まりました。
“サクラハナビラ”

今年はスラットライブ無理かな~
なんて少し諦めてたから
ホントに嬉しい。
あれ!?なんか泣いてる、オレ。
そうだ。オレ、カッコいい曲聴くと
泣いちゃう病気持ってたんだ。忘れてた。
普段はマスク大っ嫌いなんだけど
この時はマスクしてて良かった。
おっさんの泣き顔は汚い。

“ゾクゾクさせてよ”
あっ、ギターソロでACEスライドバー
使ってる!!CD聴いてるだけじゃ
わからんかった。大発見!!
これぞライブの醍醐味。
そしておいちゃん、ベースを上に
高く持ち上げ、ストンと落とした瞬間
ハイポジションで弾きまくり。
もうね、めちゃくちゃカッコ良い。
好きなベーシストって、何人もいるけど
こういう《魅せる》ベーシストって
おいちゃん、もといDUCK-LEE様
ぶっちぎりじゃね?

“ROCK BABY”
大好きな曲。途中カツミさんとシンヤさん
出てきて床に這いつくばって何かやってる。
ビールこぼしたのかなって思ってたんだけど
GODのTwitterみたら、シンバル外れて落ちてたw
「あっ」って顔してるGODと動じないTUSK。

銃社会
今回のアルバムで一番好きな曲。
んっ?歌詞カードには
「点数稼ぎをマワリが気に入らねぇ」
って書いてあるのに、どうしても
「点数稼ぎのオマワリが気に入らねぇ」
に聞こえる(すっとぼけ)
ちなみに「やり方が汚ぇんだよ」は
なかった。


ここで換気タイム

ACEが「オープンザドア!!」
って元気よく叫んでたw

まぁ、ちょっとゆるいMCだね。
TUSK「僕たちが一生懸命サイン書いた
ポスターが全然売れてません。」
とか。

「今回のアルバムジャケットふざけてるよね」
とか。

後半“真冬青空”で再開。
ギターがキレイ。ここでも
スライドバー使ってた。
使い終わったら、すばやく
丁寧に置く。もう好感度しかない。

“剃刀”
GODの暴れ太鼓、すごい迫力。
これは絶対見た方がいい。
TUSKもニコニコしながら
一緒にエアドラム叩いてた。

“一服しようぜ”
TUSK、片手にタバコ持ちながら
楽しそうに唄ってた。(火はついてない)

“#0022”
ACEが横目でTUSKを見ながら
合わせて弾いてる。
なんか良いよね。

そんな感じで
本編終わりました。

ここで問題が。
「アンコール」って叫べない。
手拍子しか出来ない。もどかしい。

そんなこちらの様子を察してか
TUSKがひょこっと現れて

「え~、ただいま換気中でございます。
 アンコールは・・・やります。
 今しばらくお待ちください。」

その口調が昔のパチンコ屋のマイクみたいw
出ます、出します、取らせます。
ジャンジャンバリバリ、みたいな。

アンコール“人間モスラ
人気がある曲ってのは知ってたけど
初めて聴いた。
ギラギラして攻撃的でカッコいい。

パンデミック”“ノイジー”で終了。

最後に
DUCK「うがい手洗い忘れないようにね」
客 「はーい」

なんか平和な終わり方www


セットリスト

1. サクラハナビラ
2. 二転三転
3. ゾクゾクさせてよ
4. ALIEN SHOCKER
5. 忍耐限界
6. ROCK BABY
7. あの娘行方不明
8. 銃社会
9. METAL MIND
10. CANDY
11. 真冬青空
12. 勝負師
13. どら猫とダンス
14. 剃刀
15. Crying Beggers
16. 一服しようぜ
17. コヒワヅラヒ
18. walk
19. #0022
20. キワドイBABY
21. TOY

アンコール

22 人間モスラ
23 Pandemic Dance
24 NoisyLove

 

さて、外に出て撮影タイム



f:id:yamada2gou:20201122104629j:plain

f:id:yamada2gou:20201122104727j:plain

 ※ハイハットスタンドだよね?このセンスの良さ。

f:id:yamada2gou:20201122105025j:plain

なんだ~おい。入口に灰皿あんじゃん。
そんじゃあ、一服しようぜ。

ん?上半身裸で長髪の人が地下から2Fに
上がってった。丈朋さんじゃね?
声掛けられなかったorz

今度は祐さんが2Fへ上がっていった。
と思ったら消毒液持って降りてきた。
で、タバコ吸ってた隣のお姉さんと
オレに「はい、アルコール」って
手にシュッて掛けてくれた。
「あざす」って言うのが精一杯。

普通、好きなバンドいたらさぁ
少しでも近くにいたいって思うじゃん?
オレ、その逆で恐れ多くて近づけないタイプなのよ。
なのに祐さんは気さくに話しかけてくれるし
丈朋さんとか、オレのツイートに
普通にいいねとかくれるし、
もうね、びっくりして胃に穴があいちゃう。
(すごく嬉しい)

こんなん、一生スラットについて行くに
決まってんじゃん。


さてさて、何とか無事に
スラットライブ参戦する事が
出来て本当に良かった。
オレ、いつも1人参戦だから
知ってる人もいないし
しゃべる事もないんだけど
(今日しゃべった言葉が
 「ビールください」だけ)
なんかね、このスラット軍団の中に
いると落ち着くんですわ。
居心地が良いって言うの?


次はいつになるかわからないけど
また近いうちに、参戦出来たら
いいな~、なんて思ってます。
今日来た人たち、絶対みんな
めっちゃ楽しかったはず。

 

        ※本日の戦利品

 

f:id:yamada2gou:20201122105426j:plain
f:id:yamada2gou:20201122105454j:plain
※厚手で品質が良いタオル

f:id:yamada2gou:20201122105748j:plain

※エコバッグ

f:id:yamada2gou:20201122105923j:plain

 

次回は未定です・・・。

 

 

 

『BUCK-TICK』【HURRY UP MODE】

 

11月の『スラット』浜松まで
ここに書き込む事はないだろうと
思っていたんだけど書きたい事が。

前回、今さらながら
『COLOR』の【激突 ! !】
を購入してハマり、それに影響されて
『X』の【Vanishing Vision
を引っ張り出してきた。そしたら
やっぱりコレも引っ張り出して来ちゃった。

f:id:yamada2gou:20201025204315j:plain

BUCK-TICK』【HURRY UP MODE】

f:id:yamada2gou:20201025204428j:plain


残念ながら太陽レコード版ではなく
再販されたビクター版です。
おそらく1990年頃、【悪の華】と
一緒に買ったような、違うような・・・。


久しぶりに聴いてみる。
“PROLOGUE”から“PLASTIC SYNDROME TYPE II”
POPだ。毒々しさやダーク感は
この頃はあまりない。
でも、勢いや初期衝動感は
すげぇ感じる。

“FLY HIGH”とか“MOON LIGHT”とか
やっぱり良い曲よね。
“MOON LIGHT”は【殺シノ調べ】Verの方が
カッコ良いなんて意見をよく聞くけど
オレはやっぱりこっちの
【HURRY UP MODE】Verの方が好きだな。
「woo~yeah~」とか、「ラララ~」とか入ってるし
疾走感あるし。
“ROMANESQUE”も同名ミニアルバムVerよりも
こっちの方が荒削りで好き。

で、このアルバム、けっこうベースが
面白い事に今さら気づいた。
当時はベースに触った事がなかったからか
または耳が慣れてなかったせいか
全然ベースの音に気づかなかった。
“TELEPHONE MURDER”
“FOR DANGEROUS KIDS”
“ONE NIGHT BALLET”なんか
弾いてみたいなって思うもん。
そう、“ONE NIGHT BALLET”と
『X』の“ENDLESS RAIN”
イントロのピアノ、オレ弾ける。
右手だけね。でも両手で弾けないので
鍵盤は向いてないなって、諦めた記憶が。
(ギター、ベースも向いとらんで)

ラスト、“STAY GOLD”
この曲、最強にカッコ良いと思うんだけど
世間からは、あまり評価されてない?
最近Twitterで《最後の曲がカッコ良いアルバムは?》
みたいなアンケートを見た時、
この【HURRY UP MODE】の“STAY GOLD”が
すぐ浮かんだんだけど、まったく聞かないもんね。
やっぱり“JUST ONE MORE KISS”なのかなぁ。
LUNA SEA』の“PRECIOUS...”とか。


あー、ごちゃごちゃ喋ってスッキリした。
こんなのチラシの裏にでも書いとけよって?
だってウチ、新聞とってないし。

しかし、3枚並べると圧巻だね。
同じV系でも音楽性が全く違う。
それがおもしろいんだけどね。

f:id:yamada2gou:20201025204521j:plain

 

よし。明日から、この

『COLOR』  【激突 ! !】
『X』    【Vanishing Vision
BUCK-TICK』【HURRY UP MODE】

の3枚を仕事中のBGMにしよう。
つらい仕事も楽しくなるはず。
(楽しくはない。)


関係ないけど、こうやって見ると
TOSHIとHIDEが2人ずついる。

f:id:yamada2gou:20201025204608j:plain
f:id:yamada2gou:20201025204625j:plain
TOSHI
f:id:yamada2gou:20201025204641j:plain
f:id:yamada2gou:20201025204709j:plain
HIDE

ふーん、で!?って
特にオチはないけど(逆ギレ)

 

そういえば、オレ若い頃
「昔の音楽は良かった」って言ってる
おっさん、スゲェ嫌いだったんだけど
気づいたら、そんなおっさんになってた。
でも、しょうがないよね。
実際に良い音楽なんだから。

しょうがねぇぜ まったく(TO SEARCH風)

 

東のX、西のCOLOR

 

私、山田2号、前回の記事で
こんな事を書きました。

《東のエクスタシー、西のフリーウィル

と。これは言い換えると

《東のX、西のCOLOR》

となります。

『X』・・・めっちゃくちゃ聴きました。
それこそCDが擦り切れるくらい。


『COLOR』・・・名前は知ってるけど
聴いた事ないや。


・・・はぁ!?


『COLOR』知らないヤツが
フリーウィル》語るなや。

自分で自分を叱った所で
さっそく購入しました。

f:id:yamada2gou:20201019121558j:plain

【激突 ! !】『COLOR』

f:id:yamada2gou:20201019121647j:plain

さっそく聴いてみる。
たぶん皆さん知ってると思うので
細かい事は省きますが

コレはスゴい!!
すごく良い!!!
初期衝動感がハンパない!!!!
捨て曲まったくなし。

ネット上で《DYNAMITE TOMMY》は
歌がヘタとか書いてあったけど
全然そんな風には思わなかった。
勢いとか荒々しさはスゲー感じたけどね。
こういう感情的なボーカルが良いんじゃん。


これは、多感な時期というか
青臭かった頃に聴いておきたかった。
ものすごく後悔。

『COLOR』をあの頃知ってたら
今のオレはどうなってたかな?

まぁ、ほとんど変わってないと思うけど
そう思うくらいインパクトある
アルバムでした。
(教科書や生徒手帳には意味もなく
 COLORって書いていただろうな。
 XやBUCK-TICKのように)


そうなるとアレも気になって引っ張り出してきた。

f:id:yamada2gou:20201019121713j:plain

Vanishing Vision】『X』

f:id:yamada2gou:20201019121748j:plain

久しぶりに聴くけど、あいかわらずこっちもスゲェ。

 

ん~ハマった!!どれくらいハマったかというと
仕事中の音楽は、この2枚のアルバム。
スマホの待ち受けも、この2バンド。

f:id:yamada2gou:20201018182153p:plain
f:id:yamada2gou:20201018182220p:plain

なんかさぁ、中高生に戻った気分だよ。

はっ ヽ(#゚Д゚)ノ
オレ、おっさんだった・・・。


さて、話を現在に戻して
次回は

11月『スラット』浜松

をお送りします。

 

SHOXX Vol.18

 

コロナのせいでライブに行けない。

6月の『THE SLUT BANKS』浜松

今年復活する予定だった
《CHAIN THE ROCK FESTIVAL 2020》

他にも
《The Time Machine Never Destroyed 2020》
開催されてたかな~?

『新宿心音会』は今年も沼津に
来てくれてたのかな?

とか思うと残念ですわ。

そんな感じで悶々としながら、最近は
THE SLUT BANKS』と『ZIGZO
ばかり聴いてます。

そうすると、両バンドの原点の内の1つでもある
ZI:KILL』と『BY-SEXUAL』が
気になってくる。で、色々ググってみる。
すると気になる記事が2点ほど出てきた。


その①

1988年、大阪バーボンハウスにて
第1回 EXTASY SUMMIT開催。
その時の出演バンドの中に
ZI:KILL』と『BY-SEXUAL』が。
これはスゴい。胸アツだわ。
この両バンドが出会ったのは
この時が初めてなのかな?
とか想像したら・・・
(*´Д`)ハァハァ
この時、会場にいた人ウラヤマシイ。


その②

これは記事じゃなくて、とある雑誌の画像。
その雑誌の表紙には

《KEN》
《SEIICHI》
《RYÖ》
《DEN》

の4人が。

うわっ何コレ!?欲しい。
・・・ふっふっふ。って事で
ヤフオクで買っちゃいました。

【SHOXX Vol.18】

f:id:yamada2gou:20200901002122j:plain

※ めっちゃカッコいい

f:id:yamada2gou:20200901002214j:plain

f:id:yamada2gou:20200901002250j:plain

f:id:yamada2gou:20200901002330j:plain

※ KENの暴走に困惑気味のRYÖ

f:id:yamada2gou:20200901002432j:plain

※ 華のあるベーシスト、SEIICHI & DEN

 


いいね~。さすが
《東のエクスタシー、西のフリーウィル
最高じゃねーか。

他にも

f:id:yamada2gou:20200901002828j:plain

※ 『DIE IN CRIES』と『LadiesRoom』

f:id:yamada2gou:20200901002916j:plain

※ 『hide』ソロデビュー

f:id:yamada2gou:20200901003006j:plain

※ SAKURA在籍時の『L'Arc~en~Ciel』

f:id:yamada2gou:20200901003136j:plain

※ れんくん・ぱんだくんの先輩?ポンくん

f:id:yamada2gou:20200901003229j:plain

※ 去年のタイムマシンに来てた2人、hyde清春

f:id:yamada2gou:20200901003344j:plain

※ 東京の人は、みんなこういう服装だと思ってた当時のオレ

f:id:yamada2gou:20200901003446j:plain

※ 1993年だって。今から27年前か。

 

とても満足。
すごくキレイな状態で届けてくれました。
orangebook2006さん、ありがとうございました。

 

そうそう、あとね『バイセク』のベストアルバムが
2017年に発売されてて、新品があったから
買っちゃった。

f:id:yamada2gou:20200901003709j:plain

※ 【プラチナムベスト】

f:id:yamada2gou:20200901003812j:plain


当時のオレ、アルバムしか買ってなかったので
シングル“DYNAMITE GIRL”を
ちゃんと聴いたの初めて。
にわかでしょ?


あとはコレ。ブログに書こう書こうと
思って書かずじまいの

【Rock’n’Roll to the MAX】

f:id:yamada2gou:20200901003927j:plain

f:id:yamada2gou:20200901003959j:plain

※ SLUT CRUE:Take-P


前作の【NOIZ THE RIPPER】が
最高すぎたので、本当はあまり
期待してなかったんだけど
ゴメン、このアルバムは最高だわ。
日本も早く銃社会になればいいのに

 


さて、ダラダラと書いてきましたが
結局何が言いたいのか。
要約すると


①.ライブ行きてーよ

②.エクスタシー・フリーウィルは最高!!

 

次回予告

わからん。行けそうなトコあったら行く。

 

☆追記

11月『スラット』浜松チケットとりました。

たぶん、そのレポ書けると思います。

 

 

ぞうさんギターで『CRAZE』“Hummer Hammer”弾いてみた

 

さて、ブログネタが無いです。
どうしましょ。

そうそう、そういえば最近Twitter見てると
けっこう皆さん、楽器をやってらっしゃるのよね。
正直、うらやましかったりする。
そんな皆さんの影響を受けまして
オレも約20年ぶりに始めてみる事にしました。
STAY HOMEだしね。

ここで問題が。
オレのギター、ネックが反ってるわ。
ベースは?うん。これは大丈夫。
でもオレ、ベースのアンプ持ってないや。

ん~。あっ、アレがあった。
って事でホコリをかぶったZO-3ギター。

 

f:id:yamada2gou:20200502235942j:plain


で、弾く曲は前からコピー
したいと思ってたコレ。

『CRAZE』の“Hummer Hammer”

どめくらひとりにこのさわぎですよ。


TUSKが作詞・作曲のめっちゃ
カッコいい曲。
最近、新宿心音会で『CRAZE』の曲
少しずつ解禁してるみたいだけど
たぶん、これは演ってないはず。
(演ってるのかな?)

こんなカッコいい音楽を
埋まらせとくのは、もったいない。

って事でやってみた。どうぞ。

 

 

・・・ふふふ。

しかし我ながら、よくこれを人前に出したな。
ちんちん出した方が、マシなレベルじゃねーか。
えぇ、まあ勢いで弾きましたんで。
スコアがないんで耳コピです。
あってるかどうかは知らん。

あと、言い訳としては

・もともと、オレはベース専門
・しかも何十年も弾いてない
 (1年に1~2回は弾く)

ってとこか。

まぁ、今後どのように成長するか
見ていてくださいな。

次回の課題曲

①『ZI:KILL』の“NONFICTION”
②『BY-SEXUAL』の“COMEDY STORY”

です。

ウソです。

多分もうやりません。

 


次回予告
6月にスラット浜松行きたいと思っているが
ムリだろうな~。

 

2020/2/22(土) 新宿LOFT《master+mind present ~PREMIUM ONE MAN~》『D’ERLANGER』

 

※最初に

 熱烈な『D’ERLANGER』ファンの方々、
 今回は愚痴が多いので、
 不快感を与えてしまうと思います。
 今回の記事は読まない事を
 オススメします。

--------------------

まずは・・・

(●゚∀゚)< Happy Birthdy Tetsu !!


再結成後の『デランジェ』ファンになって約1年半
どうやら、この《2月22日》が特別な日って
うすうす気づいてきたので参戦する事にした。

さて、気になるのはセトリですよ。
去年のセトリを調べてみると胸アツ。

“柘榴”
1年半前に《タイムマシン名古屋》で
聴いた事あるんだけど、この時は
再結成後『D’ERLANGER』の知識が
まったくない状態だったので覚えてない。

NOIR -D'amour”
“BABY I WANT YOU”
“Romeo & Juliet”
“Singe et Insecte”
まだ、ライブで聴いた事ない。

“I LOVE YOU”
“少年のままで”
“TO THE NIGHT”
“THAT'S LIFE”
『CRAZE』演ったんか!!

“バライロノセカイ -Le monde de la rose-”
個人的に今メッチャハマってて
YOUTUBEでこればっかり見てる。
この曲で終わったら最高だよなぁ。

今日は何を演るんだろ。
“沈む”とか観てみたいな。
他にも
“Blanc -cheres douleur-”
Beast in Me”
“Dance naked, Under the moonlight.”
“SWEET EMOTION”
とかも。ふふふ。

 (妄想してるオジサン気持ち悪い)
(´-`).。oO

はい、現場到着。

f:id:yamada2gou:20200224172708j:plain

雨の新宿、多少濡れても関係なし。
ライブの熱気ですぐ乾くから。
コロナ?インフル?そんなウイルスは
爆音で死滅するので心配なし(※持論です)

さて、入場。

f:id:yamada2gou:20200224172759j:plain

f:id:yamada2gou:20200224172848j:plain

※入場で並んでる時に見つけた

歌舞伎町に移転してからの新宿LOFT
初めてなので、ワクワク。
人がいっぱい。あれ!?ステージがない。
キョロキョロ探す。もしかして
あの壁のような太い柱の向こう側か!?
いかん。これは全く見えん。
そうこうしてる内に始まっちゃった。

 

セットリスト

SE.The Devil in Blood minor

1.SEX
2.夜光虫
3.beautiful nightmare
4.die fast and Quiet...
5.Another Skin
6.Mona Lisa
7.Song 5.
8.Harlem Queen Complex
9.Harlem Queen Romance
10.au revoir
11.SADISTIC EMOTION

アンコール

12.LULLABY
13.CRAZY4YOU

 

オレね、身長180㎝あるんで
なるべく前には行かない主義なんですよ。
後ろの人が見えないじゃん。
でも、これはダメだ。柱しか見えん。
柱にステージの様子を映してるモニター
付いてるけど、いかんせん小さすぎる。
“夜光虫”終わったあたりで
上手側後方に移動する。
(下手側は人が多くて行けなかった)
何とか見えた。
SEELA、kyo、柱。
CIPHERはおろか、今日の主役のTetsuさえ
見えない。一哲が見えない『デランジェ』って
クリープのないコーヒー(古い)
ニンニク、豆板醤がない家系ラーメン(は?)
よし、今日のレポはSEELA & kyo祭りじゃい!!
でも、首から上しか見えない。
どんな服装で、どんなアクションして
どんな演奏してるのか、まったくわからない。
ステージが低いのか。
周りを見渡すと、ステージ見えなくて
ふて腐れてる人が多数。
小柄な女子も沢山いたが
たぶんメンバーの頭さえ見えてないと思う。
オレもあきらめた。
レポしようがないし。

どっかのMCで
「今日は演奏よりもトーク長めで」
って言うのはテンション下がった。
オレ、ミュージシャン・バンドとしての
D’ERLANGER』が好きなんです。
あんな良い曲いっぱいあるのに・・・。

最終的に今日のセトリは
ほぼ《roneve TOUR》だった。
オレ、『D’ERLANGER』のアルバムで
何が好き?って聞かれたら
【J'aime La Vie】か【roneve】の
どっちかって答えるんだけど、それでも
あんまりだよ。こういう特別な日くらい
普段聴けないような再結成後のカッコ良い曲
やってくれてもいいじゃん。

とどめに、酔っ払いがウザかった。
奇声あげながら動画撮ってんの。
スタッフさんにつまみ出されても
また戻ってくんの。何回も。
それが“au revoir”あたりまでずっと。
揉め事嫌いで平和主義者のオレでも
だんだんムカついてきた。
みぞおちにヒザくれてゲロ
吐かしてやろうかと思った。
でもみんなが楽しんでるライブ
中断になったらマズいし
オレがつまみ出されても困るし
何よりオレ、ケンカ弱いし。
コイツのせいで、気が散るわ
集中出来ないわでライブの事
全然覚えてない。はぁ。
タバコもそうだけど
人に迷惑掛ける酒の飲み方すんな。

ライブ終わった。
なんか、不完全燃焼。

「オマエが期待を膨らませすぎ」
って言われれば、まぁそうなんだけどね。

今日の収穫

・アンコールでTetsuが出てきた時
 ストームトルーパーのお面を客席の
 みんながかぶってて、Tetsuが嬉しそうに
 驚いていた顔が見れた事。
(このとき今日初めてTetsuを肉眼で見た)

f:id:yamada2gou:20200224173115j:plain

※ドッキリ用にスタッフさんが配ってたお面

・“SADISTIC EMOTION”を演った事。

・『BUCK-TICK』ヤガミトール(アニイ)を
 初めて見れた事。(後頭部のみ)

ちなみにCIPHERを肉眼で確認出来たのは
kyoにキスした?0.5秒くらい。

写真撮って帰ろ。

f:id:yamada2gou:20200224173242j:plain

f:id:yamada2gou:20200224173316j:plain

f:id:yamada2gou:20200224173349j:plain

f:id:yamada2gou:20200224173420j:plain

この日の為に約1ヶ月、
【LA VIE EN ROSE】から【roneve】までの
全アルバムを仕事中、プライベート問わず
ヘビロテで聴きまくってたのも
今となっては、何か虚しい。

そんな感じで富士山のふもとへ
帰途につきました。

 

 

なんか、グチグチとゴメンナサイ。
次回は決まってないけど
おそらく『スラットバンクス』です。

 

 

2020/1/19(日)マイナビBLITZ赤坂《ZIGZO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019》『ZIGZO』

 

はい。と言う事で個人的には
今年初のライブです。
そして『ジグゾ』を見るのも初です。

昨年末に、突然『ジグゾ』にハマってから
一生懸命CD買い集めて、ある程度の楽曲は
覚えてきました。そうです、この日の為に。

f:id:yamada2gou:20200126184802j:plain

さて、入場してすぐに物販コーナーへ向かう。
ZIGZO』ロゴが入ったリストバンドが欲しい。
が、ない。売り切れだって。
マックでのんびりしてる場合ではなかった。
(´・ω・`)ショボン

スーパードライ片手に喫煙所で一服。
はっ!!いかんいかん。前回『D’ERLANGER』で
この会場に来た時、遅刻して相当うしろの方
だったのを思い出し、急いで客席へ向かう。

ふぅ。何とか良さげな場所をキープ。
後は開演を待つのみ。しばらくして
S.E.が終わり、RYÖが一人で登場。
赤Yシャツに黒ネクタイ、サングラス。
初めて生のRYÖを見た。カッコ良いし若い。
前説との事。

ライブをスマホで撮ってもらって
それを拡散してもらうのを説明する為の
前説らしいんだけど、今日は
撮影タイム無いそう。

「じゃあ前説いらねーじゃねえか。
でも喋りたいから出てきました。」

ここで拍手と歓声。そして

「渾身のギャグ考えてきました」
どよめく会場。

「お久しブリッツ!!ゲッツゲッツ!!」

あはは、マジかwww
これが『ZIGZO』のライブか。斬新すぎる(笑)

そしてメンバー登場。

 

セットリスト

1.Wonderful Day
2.よろこびのうた
3.stranger's meloncolia
4.ブラボ
5.血と汗と涙の裏側のハッピー
6.PEAK!
7.ファッションモンスター2
8.暗闇でサングラス
9.add9 suicide
10.3days in a well
11.Beyond The Moment
12.笑う月
13.君をいつまでも
14.チェルシー
15.everlast
16.sleep
17.衝動
18.white,daydream
19.もう2度と会えない君へ
20.しわくちゃな夢
21.Zippy Gappy Zombies
22.ひまわり
23.Big Bang Boogie
24.I'm in Love
25.FOREVER YOUNG
26.MADAMADA

 

※約3時間、たくさん演奏してくれて
 いっぱい喋ってくれました。
 覚えきれないし、思い出しきれないし
 書き切れないです。
 事実と異なる事が書いてあるかもですが
 多めに見てやってくださいな。


白い上下のスーツで登場のTETSU
拡声器を持ってサイレンを鳴らしながら
“Wonderful Day”スタート。
CD音源と少し違う印象。
更にカッコ良くなってる。
SAKURAの髪の毛がサラサラ
風になびいててキレイ。

“よろこびのうた”
こういうベースが目立つ曲は
スゲェ好き。DENも初めて生で
見たんだけど、やっぱりカッコ良い。
素肌に黒ジャケット。
更に言うと使ってるベースも
カッコ良い。スタインバーガーだよね?
楽器屋でも見た事ないし(そんな店ないだろ)
オシャレだよね。
ホントにヘッドがないんだ。チューニングは
どうやってやるんだろう。
畳の上であぐらで座って弾くと
ズリ落ちちゃうのかな?とか
くだらない事考えてた。

“ブラボ”
曲の途中でメンバー紹介。

「Mr.SO BAD BOY、ギター岡本竜治」

「どエロい、ベース大西啓之」
ここで、ちょっと“got"S" & death”
弾いてくれた。(違うかも・・・)

「元リーダーで終身名誉リーダー、
前科一犯、ドラムス櫻澤泰徳
前科とか言っちゃうんだwww
ここで怒濤のドラムソロ。
説明できないけど、すごい。

「5人の『ジグゾ』として
来てくれました、吉田トオル
ジョン・ロードっぽいキーボードを
弾いてからの『プリプリ』“M”の
イントロ。「え?吉田、オマエ神聖な
ZIGZOのステージでプリプリ弾いたのか?」
とTETSU。会場大爆笑。
そしてファミマ入店時のチャイムを弾いて
“ブラボ”に戻る。展開が目まぐるしくて
ついてくのがやっと。楽しいけど。

“暗闇でサングラス”
これは初めて聴いたんだけど
緊張感がスゴい。歌詞は少なめで
ほぼ演奏なんだけど、キーボードの
吉田トオル氏も含めた5人の『ZIGZO』が
闘ってる感がスゴい。
この時、TETSUから名言が出ました。
《演らないで後悔するより、演って反省する》
なんか、いわく付きの楽曲なんかな?

“add9 suicide”から間髪入れずに
“3days in a well”の流れ
カッコ良い。特に、足を開いて
腰を落としてダウンピッキングする
DENに見入っちゃう。

“Beyond The Moment”
ボクシングがテーマの曲って事で
SAKURAの10カウントからスタート。
最初は笑いながら聴いてたんだけど
この曲、カッコいい。
ヤバイ、泣きそう。
何とかこらえた所でRYÖのギターソロ。
ダメだ。泣いた。
曲の最後、TETSUが倒されて
またもやSAKURAのカウント。
「セブン」
「エイト」
「ナイン」
ここでTETSU、何とか立ち上がる。
「テン」
の瞬間、ダウン。試合終了。
そんな小芝居も挟んで笑いも取る。
オレとしては、泣いたり笑ったりで
感情が大渋滞。
しんどかった ← 褒め言葉

“笑う月”
この曲もカッコいいな~なんて
思ってたら泣きそうになった。
何とかこらえた所でRYÖのギターソロ。
ダメだ。泣いた。(2回目)

“衝動”
オレが『ZIGZO』にハマった
きっかけの曲。
再結成後では一番人気だとか。
だろうね。納得。良い曲だもん。
やべぇ、泣きそう。
何とかこらえた所でRYÖのギ(略
(3回目)

“もう2度と会えない君へ”
この曲は演らないって何かの記事で
見たから意外だった。
この曲だけはRYÖでもDENでもなく
SAKURAがコーラス入れてた。
詳しい事は何となくしかわからないけど
たぶん特別な曲なんだろうね。

“Zippy Gappy Zombies”
TETSUとRYÖが向かい合って
ギターを弾いてスタート。シビれる。
たしか、この曲だっけ?(違うかも)
SAKURAタバコ吸いながら叩いてた。
MC中とかも、ちょいちょい吸ってたし
ロックスターだわ。

“ひまわり”
昔、ダウンタウンの《HEY HEY HEY》で
見た事あるけど、当時は何故か刺さらなかった。
今聴くと、スゲェ良い曲。
歌詞もグッと来る。

“I'm in Love”
サビ中、お客さんが手を左右に振るのが
圧巻。スゲェキレイだし、見てて気持ち良い。

“FOREVER YOUNG”
TETSUもお客さんも中指立てる。
学生の頃はよくやったけど
大人になってからは中指立てるって
抵抗あって、あまりやらなくなったんだけど
まあ、今日は特別な日だからって事で
オレも中指立ててみる。

さて、これで終了だな。
と思ったら、なんかスクリーンが
降りてきて、曲が始まった。

“MADAMADA”
ZIGZO』のライブはアンコールが
ないって聞いてたから、これは嬉しい。
アンコールみたいなもんか?
そして更に嬉しい事が・・・
最後のアウトロを演奏してる時、
スクリーンに

《まだまだ》
《旅は続く》

の文字。えっ!?何!?
そしてなんと!!今年のツアーの発表!!
続いてニューアルバムの告知!!

《タイトルは・・・》ゴゴゴ

《未定》ババン

おいっwww期待持たせといて未定ってwww
もうさぁ、泣いたり笑ったりで
しんどい。 ← 褒め言葉(2回目)

まあでも、鳥肌立った。スゲェ嬉しかった。
ファン歴2ヶ月のオレがこんなに
嬉しかったんだから
昔から応援してた人たちは
たまらなかっただろうね。
泣いてる人もチラホラいたし。

つーか、どっかの場面でTETSU、
「今後、ZIGZOはいつやるかわからない」
って言ってたじゃん。騙したな。
でも大歓迎ですわ。

最後、ステージに5人横一列に
並んで手をつなぎ客席に頭を下げて
終わりました。

本当に最高のライブだった。
オレ、『ZIGZO』のライブはこれが初めてなんで
今までのライブと比較する事は出来ないんだけど
それでも今日のライブが特別な物だったってのは
よくわかる。『ZIGZO』好きになって良かった。


さて、グッズを何も買ってない事に気づく。
これはいかん、って事で再び物販コーナーへ。

f:id:yamada2gou:20200126184928j:plain

※タオルと【Zippy Gappy Zombies】の本+CD

f:id:yamada2gou:20200126185131j:plain

※【Big Bang Boogie】CDとラバーバンド

Tシャツはサイズがなかった為、次回にお預け。

そうそう、【FOREVER YOUNG】のアルバムが
街のCD屋さんにもamazonにも売ってない。
もしかして会場では売ってるかな~と
思ったけどなし。中古ならあるんだけど
中古は嫌なんだよね。何故って?

《アーティスト側に金が入らねえからだよ》

日本クラウンさん、何とかならないッスかねぇ~

さて、いろいろ撮影タイム。

f:id:yamada2gou:20200126185451j:plain

f:id:yamada2gou:20200126185550j:plain

※うしろの壁紙が“ひまわり”

f:id:yamada2gou:20200126185715j:plain

f:id:yamada2gou:20200126185800j:plain

※TUSKから

f:id:yamada2gou:20200126185939j:plain

しまった。後でTwitter見たんだけど
ブラックダルマさんと
サイン入りメンバー等身大パネル
気づかなかった(悔)
そして、外の電光掲示板は
すでに電源落とされてた orz

さて、帰ろ。

さて、今回のライブを見て思った事。
もともと、『BY-SEXUAL』が好きだったんで
RYÖとDENが目当てな所もあったんだけど
SAKURAとTETSUってスゲェわ、とも思った。

オレ、素人なんで技術的な事は
わからないんだけど、SAKURAの
ドラムって情熱的って印象。
打ち込みの真逆にいるような。
黒いタンクトップ姿でシンバル
一発叩いてるだけでも圧倒される
ってかオーラがスゴい。
本当に熱くてカッコいい、みたいな。
んー、うまく説明出来ん。

TETSUは書く詞が、とても興味深い。
オレ、あまり歌詞には重点を
置いていないんだけど
《君がいるこの胸が天国》
とか
《彼女の名前がもしもヨーコなら俺はジョン》
とか。
天才だと思う。普通、こんな歌詞思いつく?
声もいいしね。


改めて、『ZIGZO』を好きになって良かった。

 

 

次回予告、2/22新宿LOFTD’ERLANGER』です。